やはり外圧に弱い行政、政府の姿勢、フィリピン人看護師受け入れが交換条件か?

Excite エキサイト : 国際ニュース
日比FTAでのフィリピン人看護師、介護士受入れ合意の報にふれて案じてたことが、ここにきて現実味を帯びてきた。
Human Traffickingで国際的批判を受けたことで、法務省は、入管法の興行資格で入国してきたフィリピン人芸能人「これまた表現が不明瞭」の入国制限を来年より行うとしている。

フィリピンの公的機関がフィリピン人女子に交付する資格認定証による入国、在留許可の制度を廃止するとしている。クラブやバーなどで入管法で禁じているホステス業務に従事している事や、不法滞在、売春等への関わりなどをその理由に上げているようだ。

新聞等の報道だけを見ると、あたかも資格認定制度の欠陥や出稼ぎのために資格を偽って入国するフィリピン側に全ての原因があるように感じてしまうが本当にそうだろうか。

法務省が、このような制度改正に急遽着手するのは、HumanTraffickingの国際的批判、国内での外国人犯罪の増加、不法在留者の一斉摘発の結果等を検討してのことだろうが、
フィリピンに在住12年の私からは、相手国にのみ改善を求める施策のようにしか受け取れません。また、不法在留者の一斉摘発の結果は十分に実態を反映しているのでしょうか、片手落ちの施策にならぬことを望みます。

何故なら、「興行」でのフィリピン人エンターテナーの受入れは何も今日に始まったことではないのです。二十年以上の歴史があり、その制度的枠組みは日比両政府間で創り上げてきたのです。
日本側で招聘業務に当たっているプロモーター「入管法では外国人芸能人招聘業者」、興行活動を行う「クラブやパブ」などは日本の入管「法務省」が認証して来たのです。問題は全て日本国内で起きているのですから、これらに関わる制度改正も同時に行う必要があるのではないでしょうか。日本側での行政の管理、監督責任が問われても然りです。

外国人犯罪の増加、凶悪化が指摘されていますが、日本人による犯罪との比較、また外国人入国者数「90年約300万人が現在500万人」との対比などを通してフィリピン人エンターテナーが加害者として関わった事例がどれだけあったか分析したのでしょうか。
フィリピン人エンターテナーの渡航、招聘には関連業者や機関が入管のみならず両国大使館への申請、届出が必須となっているので一斉摘発は容易であり、接客などの資格外活動
で大量の退去強制処分を受けたことは事実です。しかし、その人数の告示は摘発側の点数稼ぎのように受け取れて成りません。

日本に渡航するフィリピン人女子の大多数は家計を支える為に日本へ出稼ぎに行くのであって、在留期間が6ヶ月でも再度の渡航が約束されていれば不法滞在することなく帰国するのが殆どです。寧ろ、不法残留になるケースをみると日本人の誘いに乗ったり、突然の制度変更などで収入の道を立たれる思いから身を隠すのが実情です。

更に、入管で規定している「興行資格」ではシンガーは歌うことで、ダンサーは踊ることでしか就労を認めておらず、接客行為(ホステス)は資格外活動として禁じています。二十数年前に
は、この制度(数度の改変があった)のもとでフィリピン人ダンサーやバンドマンが温泉旅館やキャバレーのステージに出演していたました。その当時は確かに芸能人に匹敵するフィリピン人エンターテナーが興行活動だけで在留していました。しかし、時代が変わり、温泉地での興行の衰退、大型キャバレーの減少、其れに代わって都市部に出現したショーパブやカラオケクラブでフィリピン人エンターテナーを採用するところが増え、バブル経済の時代を通して日比間の所得格差の拡大、若きホステス不足による風俗産業での需要の増大で一気に全国的にフィりピンクラブなるものが出現、今日にいたっています。

ステージで演ずる芸能人が観客の招きでテーブルに着いたり、接客に従事することは自然なことであり何ら問題は無いのでしょうが、それが絶対的優位にある地位の者からの強制であれば人件侵害に値するのかもしれません。その線引きの曖昧さが原因でか入管はフィリピン人エンターテナーの接客行為をある時は黙認し、また世間の批判が高まると取り締まりに乗り出すなど一貫性に欠けていたように思います。

何れにせよ、ここでほんの触りだけを述べただけでも、この度の入管法改正の原因がフィリピン側だけにあるのでは無い事は分かるはずです。寧ろ、日本側の外国人就労者の受入れ体制の不備や、社会環境の変化に対する行政側の適応性の欠如に起因している面も多いのではないでしょうか。Human Traffickingでの批判やフィリピン人看護婦受入れ合意などで問題を摩り替えるような結果に成らねばと案じる次第です。
[PR]
by jpaccess | 2004-12-04 14:52 | 時事ニュース
<< 「パブリックコメントと情報公開... 日比FTAでのフィリピン人看護... >>